家庭菜園のおもしろさ

ずいぶん前に5月末頃、園芸店の店先にあったミニトマトのひょろひょろの苗が85円くらいなのを見て、これ育てられますかと聞くと大丈夫大丈夫とにこにこして言われたので買って来て育てたのが、私が家庭菜園にはまったきっかけでした。
その後は4月末くらいに苗を買うものだとわかったけれど、このひょろひょろミニトマトの苗が育っていくつか出来た実が意外にもおいしかったので、次の年は「趣味の園芸やさいの時間」を見てテキストも買って来て本格的に始めました。
もともとハーブとかの栽培をしていたので、道具やプランターなどもあったし、最近は一から家庭菜園を始めるにしても、百均で色々揃うので初期費用もそれほど掛からないのですよね。
それにミニトマトって、意外と簡単に無農薬で育つし、葉っぱがぐんぐん伸びて黄色い花が咲いて緑の小さな実が出来て大きくなって真っ赤に熟すのを見ていると、すごく元気がもらえるんですよ。
梅雨時とか真夏の暑い時期には人間元気がなくなるものですが、野菜たちは元気で育ってるし、収穫や世話は朝早くするものなので、自然と規則正しい生活になることと、採れたて野菜をいただくのも体に良いのかもしれない、わんこや猫など動物を飼いたいけど買えない、世話が大変って方にも実の出来る植物を世話して収穫するのはお勧めしたいです。
それとホームセンターや園芸店でミニトマトの苗を買うときの注意として、トマトや野菜ジュースを販売しているサントリーとかデルモンテとかカゴメとかの企業が開発した苗を売ってるんです。
ちょっと高めの400円くらいの、フルーツトマトや贅沢なすとかいった品種なんですが、これがけっこうおいしくて、スーパーで買うことを考えると苗を買って育てた方がお得だったりするのでおすすめします。
ネット検索すると、トマトのリコピンやポリフェノールなどが自己免疫力アップなど、体に良いことがわかってびっくり、夏に弱かった私が元気になったのは家庭菜園の野菜たちのおかげかなと思うこの頃です。

タイトルとURLをコピーしました